パソコンやスマホなどの普及で近年急増しているのが「首こり」です。
猫背などの姿勢不良からストレートネックや頸椎狭窄の方が多く、首の可動範囲を狭くし肩や背中、頭痛、寝違えなどを引き起こします。さらにひどくなると眼精疲労、耳鳴りやめまい、顎関節症、吐き気など自律神経失調症にも発達します。
首は細かい神経や血管があり、筋肉も繊細なので熟知した専門家の治療が必要です。

当院で最も重視している治療部位ですので、お悩みの方は是非ご相談下さい。

詳細はこちら⇒「不調の原因は首に合った」

頭が前方に出ると、首・背骨に重心がまっすぐ乗らないので首肩に負担がかかって来ます

姿勢が良い場合は、首の前後ろの筋肉のバランスが取れています

姿勢が良い場合は、首の前後ろの筋肉のバランスが取れています。猫背になると、首の後ろの筋肉ばかりが緊張し、首の前の筋肉は萎縮して首・肩こりにつながります。姿勢をまっすぐに!と思っても、猫背の人は首の前の筋肉がないため、3分もその姿勢を維持することができません。また、下顎が前・後方にずれている為、姿勢を良くすると、二重あごになってしまう方もいます。これは顎を出す姿勢の長く続いて出来たいらない肉のせいです。
こうして悪い姿勢はどんどん悪い状況を作り出し、自分の意識だけでは治せなくなっていきます。きちんと筋肉のバランスを取り戻しながら、姿勢矯正して行くことが必要です。