「自律神経失調症」の記事一覧(2 / 3ページ目)

目の症状と自律神経

自律神経失調症

眼精疲労、ドライアイ、めまいといった目の症状も自律神経と関係します。 さらに、長期的に見れば白内障などの目の老化にも影響する可能性があります。 •ドライアイ まず、涙の分泌は副交感神経優位の時に高まります。 つまり、スト・・・

頭痛と自律神経

自律神経失調症

緊張型頭痛 頭痛の原因の7割は緊張型頭痛です。 緊張型頭痛は、緊張した筋肉が神経を圧迫することで起こります。 交感神経が優位になると、自動的に肩~首~頭部の筋肉が緊張しますので、緊張型頭痛が起こり易くなるのです。 この場・・・

自律神経とパニック障害

自律神経失調症

パニック障害とはどんな病気? パニック障害とは、突然起こる激しい動悸や発汗、頻脈(ひんみゃく:脈拍が異常に多い状態)、ふるえ、息苦しさ、胸部の不快感、めまいといった体の異常と共に、このままでは死んでしまうのではないか、と・・・

自律神経失調症セルフチェック

自律神経失調症

詳しい治療方法はこちら>> セルフチェックの質問の症状は2つに分類できます。 ・ストレス初期に出やすい症状 ・慢性的なストレスを感じるストレス後期に出やすい症状 ストレス初期に出やすい症状 2. 手、足が冷たいことが多い・・・

自律神経失調症の症状一覧

自律神経失調症

頭 頭痛、頭が重い 耳 耳鳴り、耳の閉塞感 目 疲れ目、涙目、目の乾き、目が開かない 口 乾き、口の中が痛い、味覚異常 のど 異物感、圧迫感、イガイガ感 手・腕 しびれ、痛み、冷え、ほてり 足 しびれ、冷え、ほてり、痛み・・・

自律神経失調症の治療法

自律神経失調症

当院の治療では、まずこの背骨、首、骨盤の筋肉をじっくり緩めます。 特に初診の患者さんは緊張しやすく、慢性的に固まった筋肉はほぐれにくいのですが、中国整体特有のリズムと浸透力がイタ気持ちいい感覚で深部の筋肉まで届き、体の芯・・・

自律神経失調症の原因

自律神経失調症

自律神経失調症の原因はストレス、生活のリズムの変化や悪習慣、ホルモンの乱れなど様々ですが、当院では体の構造的な問題を改善することで自律神経のバランスを整える治療をしています。 これまでの臨床経験から自律神経のバランスが悪・・・

自律神経失調症とは

自律神経失調症

自律神経は交感神経と副交感神経の2種類で構成されていて、お互いが車のブレーキとアクセルのようにバランスをとりながら、全身の血管や内臓の働きを操っています。この2種類の交感神経と副交感神経のバランスが崩れ、正常に働かない身・・・

自律神経とは

自律神経失調症

自律神経とは下図のように神経のなかの一つで、私達の意思とは無関係に血管や内臓の働きを支配しています。食事をした後に食物が自然に消化・吸収されるのも、睡眠時に休みなく心臓が動いたり呼吸が行われるのも、全て自律神経の働きのお・・・

ページの先頭へ