自律神経とは下図のように神経のなかの一つで、私達の意思とは無関係に血管や内臓の働きを支配しています。食事をした後に食物が自然に消化・吸収されるのも、睡眠時に休みなく心臓が動いたり呼吸が行われるのも、全て自律神経の働きのおかげです。

自律神経は呼吸・脈拍・体温・消化・免疫・ホルモン分泌など、生命維持にかかわるあらゆる動きを支配しています。

人間の神経システム

人間の神経システム

自律神経は交感神経と副交感神経の2種類で構成されていて、お互いが車のブレーキとアクセルのようにバランスをとりながら、全身の血管や内臓の働きを操っています。

身体のゆがみと自律神経の関係

交感神経

(脊髄に沿って頭蓋骨から尾骨に延びる交感神経幹を通り全身の器官に分布してる神経)
脳や神経を興奮させ、心拍数を増やし血管を収縮させて血圧を上げ、消化器系を抑制します。

副交感神経

(中脳と延髄から延びる迷走神経と仙髄から延びる骨盤神経)
心拍数を減少させ血管を拡張して血圧を下げ、消化活動を活性化して、心身をリラックスさせる役割があります。

自律神経の役割

交感神経と副交感神経の働き

交感神経=日中活発に働く
副交感神経=夜活発に働く

交感神経と副交感神経の働き

器官 交感神経 副交感神経
脳・神経 興奮させる リラックスさせる
瞳孔 拡大する 縮小する
唾液 減らす 増やす
気管支 広げる 狭くする
心拍数 増やす 抑える
呼吸 浅い・早い 深い・ゆっくり
筋肉 収縮 弛緩
血圧 上げる 下げる
血行 悪い 良い
血管 収縮させる 拡張する
体温 低下する 上昇する
胃腸の働き 抑える 活発に動く
膀胱 尿を溜める 排尿する
陰茎 血管が収縮(射精) 血管が拡大(勃起)
子宮 収縮 収縮
ホルモン分泌 促進させる 安定させる
免疫力 下がる 上がる
睡眠の質 悪い 良い
血糖・血中脂質 上昇する 安定する