主な症状

・1年前よりむずむず脚症候群を発病。病院を転々として薬を服用しているが良くならない。
・夜間にひどく、イライラして寝れない
・耳鳴り、冷え症あり

治療過程

<検査>
・姿勢が悪く、やや右に側弯
・坐骨神経に張りがあり、足汗+冷えあり
・脈診:数弦 舌診:胖大、黄苔、歯痕あり
<治療過程>

1回目:坐骨神経(足腰)と自律神経(背中)の両面から施術。
術後脚のしびれは緩和。からだ全体が軽くなり、次の施術日まで持続した

1週間後:背中はだいぶ緩み坐骨神経の圧迫は取れてきた。脚のむずむずはあるが、足先の冷えが緩和されてきた。

3か月後:足の症状は緩和され、睡眠に影響が出ることはなくなり毎日寝れるようになった。パソコン作業により背中が固まると自律神経を圧迫して動悸や胃痛がある。

先生のコメント

足のひきつりや熱冷の繰返しもあり重症でしたが、治療を始めて1か月、症状にムラがあるものの朝まで寝れる日やむずむずの症状がない日が出て来て少しずつ改善されました。3か月後には睡眠は問題なくなり、足の症状はまだ多少あるものの、背中の張りによる動悸や胃痛が気になるようになり、今はそのメンテナンスを続けています。